初めて店舗を開業するなら知っておこう!店舗設計の役割と基本をわかりやすく解説します!

初めての店舗を開業する場合は、きちんとした店舗設計をしておかないと長く商売を続けることができません。
そこで店舗をいかに盛り上げていけば良いか、役割について解説していきます。
店舗の業務を円滑化するためには、システムをしっかりと構築しておく必要があります。
以下の点を気を付けることで、劇的に開店後に客入りが良くなることが多いようです。
特に飲食店や小売店は初期のパフォーマンスが大事になってくるので、注意が必要です。

初めて店舗を開業するなら知っておこう!店舗設計の役割と基本をわかりやすく解説します!

現在ネットショップがだいぶ普及しており、店舗での販売は減少傾向にあるようです。
しかし店舗を求めている人も多いのはまた事実であり、そういった層をできるだけゲットする店舗設計が必要となってきます。
まず店舗設計として、小売店や飲食店は、ポップ的な役割を果たす必要があるのです。
例えばガラス張りにしてみて、一見して何の仕事をしているかわかるのも良い戦略といわれています。
店舗を見る人は、ウインドウショッピングを楽しむ人が多いからです。

店舗開業に必須となる店舗設計のお仕事

新たに店舗を開業する場合、現在は既存の建物や設備をそのまま利用する居抜きという方法を使う場合もありますが、多くの場合は新規に建設したりリニューアルをするなど変更を行います。
その場合に必要になるのが図面であり、この図面を作成することで店舗設計が進められるでしょう。
これは図面を作らずに建築を進めると寸法的に適合しない部分が発生するからであり、使用者側も使いにくさを感じて店舗運営が難しくなってしまうのは間違いありません。
また、店舗設計は営業するために必要になる関連法令を守るための措置が行われることになり、この部分を蔑ろにしてしまうと、営業許可そのものが取得できなくなってしまいます。
店舗を開業する場合はその地域を管轄する公的機関に届け出なければならず、その際に消防法や建築基準法などの内容に適合しているのか審査が行われます。
これは人命にも関係するので厳格に守られていて、不適合になってしまうと是正を求められるので、時間と費用がかかるだけでデメリットになります。
このような事態を回避するために店舗設計では建築だけでなく法律に関する知識も必要になるので、設計者は経験だけではその役割を担えないようになっているので注意してください。

お店の関するあらゆることを決める店舗設計とは

店舗設計とは新規に店舗を開設したり、既存の建物をリニューアルして別の形にする際に、建築業者に施工を依頼するために必要な図面のことを言います。
この図面が無い状態では建物を建築することができないだけでなく、施工した建物は簡単に変更ができないことから、その作成はとても重要になってくるのは間違いありません。
また、お店の種類で必要な設備が異なるので、そのような設備を上手に配置できないと作業効率が悪くなったり、利用者が不満を持つことで売り上げの減少にも直結してしまうでしょう。
店舗を新たな作る場合、そこには関連する法律の規定を守らなければいけません。
代表的なのは消防法や建築基準法であり、これらの内容を熟知していなければ是正勧告が入り、最悪の場合には営業許可が受けられない可能性もあります。
このような事態を回避するためにも図面の作成はオーナーの考えばかりを入れるのではなく、法律との兼ね合いを考慮しながら作ることが求められます。
店舗設計とは単純に見栄えのいい建物を作るのではなく、長く使える状態でありながら法律的な問題をクリアにすることが求められるので、そこには経験だけでなく幅広い知識が必要になっています。

店舗設計を依頼し工事が完了するまでの流れ

店舗設計を依頼してから工事が完了するまでの流れを解説します。
まず、施主とデザイン会社との間で打ち合わせを行います。
店舗のコンセプトや予算などの施主の要望を、店舗設計のプロフェッショナルであるデザイナーに共有します。
打ち合わせの内容をもとに1~2週間ほどで、デザイナーが完成予想図や3D制作ソフトによる店舗のデザインなどを提案します。
必要であれば何度か提案を重ね、施主のイメージとのすり合わせを行います。
話し合いが終われば、決定したデザインの具体的な設計に移ります。
デザイナーは、予算内でどのような素材を使用するか、どの部分を削るかなどの詳細事項を決めていきます。
その後は、デザイン会社に紹介してもらうなどして施工会社を選定し、実際に着工します。
施工会社の選定については、複数の見積もりを依頼することが大切です。
工事が終了したら、水道やガスなどの設備面についても問題ないことを確認し、施主がサインをして引渡しとなります。

店舗設計に必要な費用の金額と目安となる相場

店舗設計の費用に関しては、ある程度地域差があります。
また、依頼する業者ごとに設定している料金も異なるため、事前に確認して依頼することが重要です。
ある程度の相場を理解しておくことで目安となる可能性が高いことから、目安となる価格を理解しておくことは必要といえます。
料金設定方法は店舗の坪数や業種、さらに施工費から算出されることも少なくありません。
物件の建築工法、形状により多少の違いが出てくることも事実です。
例えばい抜き物件の場合は前のテナントの利用していた部分をそのまま使ってデザインすることになるため、工事内容が通常の店舗よりも割安となります。
10坪程度の店舗の場合には、店舗設計費用は30万円前後です。
ただし、全面改装する場合にはこの倍の金額となります。
一から店舗を作る場合はい抜き物件の6倍程度の金額であることが多いです。
店舗の広さにより多少異なりますが、25坪程度の場合は180万円前後が全国的な相場となっています。

店舗設計に関する情報サイト
店舗設計の重要性

初めての店舗を開業する場合は、きちんとした店舗設計をしておかないと長く商売を続けることができません。そこで店舗をいかに盛り上げていけば良いか、役割について解説していきます。店舗の業務を円滑化するためには、システムをしっかりと構築しておく必要があります。以下の点を気を付けることで、劇的に開店後に客入りが良くなることが多いようです。特に飲食店や小売店は初期のパフォーマンスが大事になってくるので、注意が必要です。

Search